ペットと暮らしたい!ペットが飼える賃貸物件の特徴を知ろう


ペットが飼える賃貸物件その1「共生型賃貸物件」

ペットが飼える賃貸物件は2種類あります。ひとつは「共生型賃貸物件」です。共生型賃貸物件は、ペットが飼われることを前提としています。ペット用の足洗い場やドッグラン、トリミングルーム、ペットシッターなどの共用設備や、各部屋にもペットが爪で引っ掻いても傷つきにくい床材や壁紙、ペット用フェンスなど、必要な設備が予め備えられています。ペットを飼う住人が集まるので、ペットと暮らしていく上での理解が得られやすいです。メリットの多い共生型賃貸物件ではありますが、物件の数が少ないため、すぐに入居希望者で埋まってしまい契約出来なかったり、自分の住みたい地域に住めるとは限らないというデメリットがあります。

ペットが飼える賃貸物件その2「ペット可の賃貸物件」

もうひとつは、普通の賃貸物件にペットが飼える条件を後から付け足した「ペット可の賃貸物件」です。ペット可の賃貸物件には、ペットに配慮された設備は備えられていません。また、隣の住民がペットを飼わない人達の可能性が高く、近隣住民の理解を得るために、ペットの鳴き声や抜け毛が舞ってしまわないようにするといった配慮が必要不可欠とになります。そのほか、ペットがベランダから飛び出すことも考えられるため、3・4階以上の高層物件を選ばないようにするなど、入居者よりもペットを優先した条件に合わせざる負えないところがあります。不利な点が多いように見受けられますが、共生型賃貸物件よりも数が多いので、自分の住みたい地域を選べる確率が増えるメリットもあります。

旭川の賃貸物件は住宅や事務所など用途に関係無く、郊外にある物ほど家賃が高い傾向があります。これは郊外の開発が進んだことによって地域の居住性が向上し、地価が上昇しているのが主な理由です。