デメリットばかりじゃない!?狭小住宅ならではのメリット


都市部など立地の良い場所に済むことも出来る

狭小住宅には様々なメリットが考えられますが、その一つとしては立地の良い場所に済むことが出来るということが挙げられます。

都市部などは通勤するのにも通学するのにも便利ですが、土地代が高いために済むことを諦めてしまうケースも珍しくありません。しかし、狭小住宅は限られた狭い土地に住宅を建てることが出来るため、都市部であっても費用を抑えて住宅を建てることが出来るのです。

土地代だけではなく税金の節約にも

住宅というのは高額な買い物であるため、出来るだけ費用を抑えたいと考えるのが一般的です。しかし、住宅の費用というのは土地代や住宅そのものの費用だけではなく税金も考えなければなりません。そんな税金も節約することが出来るのが狭小住宅のメリットの一つです。

住宅を建てると不動産取得税、固定資産税、都市計画税といった税金も支払わなければならなくなりますが、狭小住宅は一般的な住宅と比べると土地や建物の面積が狭いために税金の支払額も安く済ませることが出来るのです。

三階建て住宅となることが多く利便性が高い

狭小住宅は狭い土地に住宅を建設することになるため、限られたスペースを有効活用するために3階建て住宅となるのが一般的です。3階建て住宅は一般的な住宅と比べると利便性がとても高く、特に都市部においては大きなメリットとなることがあります。

土地代の高い都市部では駐車場を用意するのも大変なことですが、狭小住宅であれば1階部分をガレージにすることで都市部であっても自動車を所持することが出来ます。また、3階部分は日当たりも良くなるので快適な生活を過ごすことが出来るのです。

狭小住宅は限られたスペースをうまく利用し、生活のスタイルに合わせて間取りを決めて住みやすくすると効果的です。