子育てしやすい注文住宅の間取りって?家族にあった家を作りたい!


子供の成長を妨げない住宅づくりが必要!

子供がいると家の中が危険と感じることもあるし、成長とともに家に欲しい機能って変わります。お子さんが小さいときには何をしでかすのか?やんちゃさんで目が離せないということもあるので、「安心して見守る」ことができることがポイントです。お子さんがある程度大きくなると親に頼らずに何でもチャレンジできるようになるので、その成長を妨げないような生活にしてあげたいと考えます。それからさらに成長して思春期になるとお子さん一人の空間も必要となるので、お子さんがいる生活で注文住宅の建築を考えるとき「成長とともに変化できる」家が欲しくなります。

注文住宅で「レイアウト変更自由」な家を作ろう

お子さんがまだ小さいときにはプライベートルームや勉強部屋は必要ありませんが、兄弟姉妹とともに成長していく中でプライベートルームが欲しくなります。例えば子供部屋として大きな空間を用意し、将来部屋を分けたくなった時に本棚の壁やクローゼットの仕切りなどで部屋を分けることができるようにしておけばリフォームなどすることなく部屋の個数を増やすことができます。注文住宅は設計段階から間取り、設備など施主が自分の希望を組み込むことができるので、建築士や建設会社の方とよく相談し、レイアウト変更自由な作りにしておくと将来面倒なこともありません。

家族が集いやすい空間づくりも子育ての大きなポイント

玄関を入ってすぐに廊下があり、リビングを通過せずに2階にいける作りになっていると子供との会話って少なくなります。ただいまと元気に帰宅してリビングを通る、もしくはリビングのそばから自室にいくという作りにすることで帰宅してから家族の顔を見ないで自室に行くということもなくなります。お子さんをいつも見ることができる、そんな空間づくりも重要なのです!

大阪の注文住宅は太陽光パネルやオール電化などいろいろな特色を持っています。斬新なデザインもあり打ち合わせが重要です。