家造りをする場合には設計プランと土地探しに力を入れてみよう


土地探しはどのようにしたらよいのか

土地探しをする場合のポイントの一つは、一つは日当たりになります。日当たりが良いところならば、明るく暮らすことができるからです。どのようなところが日当たりがよいかといえば、目の前に道路がある住宅がよいでしょう。少なくとも、道路の上にほかの住宅が建築されることはまずありませんので、その分だけ日当たりが確保できます。ただ、大通りになると騒音問題などが発生する可能性も否定できません。この場合には、実際に何度か訪れてうるさくないか確認しておくことが必要です。それ以外では、高台などに住宅を建築することでより眺めの良い場所を選ぶことができます。

もう一つのポイントは、災害に強い場所を選ぶことです。特に近年は、災害が多く発生していますので地震に強い地盤の土地や河川などが増水した時に被害を受けにくい高台などを検討することで、いざという時のために備えることができるでしょう。

設計プランで気をつけるべきこと

設計プランを立てる場合には、たいていの人は初めて住宅を建築するはずです。この時気をつけておきたいこととしては、可能なかぎり収納を増やしておくことです。もちろん、物を持たない主義の人もいますのでそのような場合には収納はそれほど必要ありませんが、普通の生活をしていれば一戸建て住宅であってもモノがあふれることも考えられます。少し大きめのクローゼットなどを用意しておくことで、荷物で困ることはなくなるでしょう。

後は、窓の設置場所もよく考えなければなりません。大きな窓がはやっていますが、そのような窓を設置すれば開放感があるだけでなく日当たりが良い半面、本棚や食器棚などを置けなくなってしまいます。その点もよく考えて設計しましょう。

3000万の家は、住宅の工法や構造、内装などにこだわることができ、各地のハウスメーカーや工務店などで施工後のシミュレーションをしてもらうことも可能です。