引っ越しが決まったら早めにやっておきたいこと


まずは要らないものを処分しよう

引っ越しが決まったらというより、引っ越ししようという意志が固まった時点で要るものと要らないものに分ける作業を始めましょう。引っ越しをする際の料金は荷物の量と距離に左右されます。距離は新しく住む場所によるのでどうにもできませんが、荷物の量に関してはあらかじめ不要なものを処分しておけば減らすことが可能です。引っ越しが決まると契約を解除したり荷造りをしたりと必要なものと不要なものとに選別する時間がなかなか確保できなくなるので、できるだけ早めにやっておくと後の作業が楽になります。また粗大ゴミは引き取ってくれる日時が決まっているため、直前に慌てて荷物の整理をすると引き取ってくれる日よりも先に引っ越さなければならないと言った事にもなりかねません。

荷造りは使わないものから

引っ越し先と業者が決まったら実際に荷造りをすることになります。とはいえ、はじめて引っ越しをする人は何から段ボールに詰めればよいか分からない人も多いでしょう。何から詰めたらいいか分からなくなったら、まずは現在全く使用していないものから段ボールに詰めるようにしましょう。たとえば夏場にスキー用品などは使用しませんから真っ先に荷造りをしても問題ありません。アウトドアグッズにはオフシーズンには使わないものが多いですから、そういったものからどんどん荷造りをすればよいでしょう。そして荷造りをした際には段ボールに何が履いているか一目で分かるように記載しておきましょう。

苫小牧に住む場合、駅の近くに住むと新千歳空港や札幌など幅広い地域に短時間で向かえます。そのため、苫小牧の賃貸物件は少々家賃が高くても駅からの近さを第一に考えて選ぶのがおすすめです。