賃貸オフィス利用時に何を重視する?退去時を考慮して選ぼう!!


賃貸オフィスは予算とスペースが重要

賃貸物件を利用するとき、立地を重視して選ぶときがあります。住宅なら住みやすさが大事ですし、オフィスなら通勤のしやすさ、営業のしやすさなどが大事になります。賃貸オフィスを選ぶときには何を重視するかですが、最優先するのは予算とスペースです。まず事業が行えるスペースがないといけません。人の人数や設備などを考慮し、適切な広さあるかどうかチェックしましょう。そして予算内の賃料かどうかです。創業間もないと資金繰りが大変で、予算も限られているかもしれません。もし予算に余裕があるなら、やっと立地を条件として入れられます。最初は仕事がしにくい立地でも我慢するしかありません。利益が出るようになれば、立地のいいところへの移転も検討できます。

入居時や退去時にどうするかを確認

大手会社でもオフィスは自社所有ではなく賃貸が多いです。事業は変動要因が多く、それに合わせて移動が必要になりやすいです。自社所有だと売買をしなければいけませんが、賃貸なら比較的気軽に場所の変更ができます。中小となればより賃貸オフィスの利用が多くなるでしょう。いろいろな物件から自社のスタイルに合うところが見つかり、いよいよ契約となります。その時は入居時と退去時にどんな対応が必要かを確認しましょう。入居時には仕事ができるよう一定の工事が必要でしょうし、退去時は原状回復工事をしなければいけません。又退去時にはいつまでに連絡をしなければいけないかの決まりもあります。退去時に面倒がないかなど考慮して物件を選ぶ必要があります。

賃貸事務所 港区で利用するなら、都心エリアの実績豊富なオフィス仲介業者に依頼すると条件に合う事務所探しをサポートしてくれます。