別荘を持つ場合に知りたい!何を基準にしたらいいの?


別荘を持つ前にどんなところがいいのか確認しよう

将来の移住の為に、別荘を持つ人が増えてきました。自分でも持ちたいと思っている人や、これから地方で第二の人生を歩む時の参考にしたいと、別荘を手に入れて仮住まいをする場合、選び方に注意しましょう。

第一に、新築か、中古か選ぶことです。近い将来住むとはいっても、まだ仮住まいだから中古物件で十分と考える人もいれば、本格的に第二の人生の拠点とするために新築を買うという人も少なくありません。予算の範囲内で選びましょう。

また、どんなところに住みたいかを明確にすることです。海でスポーツを楽しみたいのか、山の清涼な空気を楽しみたいのかによって、どちらに住んだらいいのか異なります。どちらも楽しみたい欲張りな人でも満足できる地域も少なくありませんので、希望に従って探しましょう。

使用頻度や周囲の環境を考えて選ぼう

使用頻度を考えて別荘を選ぶことも重要なポイントといえます。年に1回、数日程度しか使用しない場合と、毎週通って週末はずっと別荘で過ごすという場合では、通える範囲が異なるでしょう。

年に1回程度であればどれほど遠距離であってもかまいませんが、毎週末通ってすごすのであれば、通いやすい範囲に別荘を探したほうが頻繁に通えます。地価や維持費などを含めても、毎週末通ってすごせる環境を選ぶことが、重要です。

また、周囲の環境に対しても調べて出かけたほうがいいといわれています。周囲の環境が安全で近隣の人間との相性もいい場合には、手に入れたほうがいい別荘です。しかし、周囲の環境に首をかしげることがあれば、別の場所を探してください。

八ヶ岳の別荘では雄大な山々に囲まれた中で、夏は緑、冬は雪山など四季折々の自然を感じることができます。また周辺には温泉地が多く、湯巡りも楽しむことができるのも魅力です。