住宅設計するときは間取りが大事!後悔しないためのポイントとは


日当たりや景色のよい場所を有効活用しよう

住宅設計をするときは、窓の数や大きさはもちろん、窓を設置場所を考える必要があります。そのうえで、壁と窓のバランスを考えることが大切です。大型家具が多い場合は、壁面が少ないと置き場所に困ることもでてくるからです。また、窓を設置するときは、日当たりのよい場所を有効活用しましょう。家族が共有するリビングを配置する方法も一案です。さらに、窓から見える景色も無視できません。景色のよい場所に窓を設置すると心身のリフレッシュにも役立ちます。一方、隣家との距離が近すぎる場所には、窓をつくらないほうがよいかもしれませんね。

生活するためにはスムーズな動線も大事

間取りを決めるときは、生活しやすい動線を意識することが大事です。特定の部屋だけを重視した結果、生活がしにくい設計になるのは本末転倒といえます。設計に際しては、家族それぞれの意見を反映させるようにしましょう。たとえば、炊事や洗濯がしやすいかどうかは、日頃から行っている人でないと分からないこともあるからです。また、各部屋との段差をなくすなど、バリアフリー設計を意識することも大切なポイントになります。

土地を購入するときは先のことまで考えよう

住宅を建てるために土地を購入する人もいるでしょう。その場合は、土地選びも大事な条件です。家を建てる場所として、周辺に建物がなくて日当たりがよい場所は理想的ですよね。しかし、あまりにも条件が良すぎると別の心配がでてきます。現在は空地でも、将来的に何らかの建物ができるかもしれません。その結果、自宅への日当たりが悪くなり、過ごしにくくなる可能性があるからです。住宅は高い買い物だけに、土地選びも含めて慎重にすることをおすすめします。

家を新築するときはもちろん、賃貸でも間取りは重要です。日常の生活の動線を考えて選ぶ必要がありますが、実は隣家の壁の向こうが寝室なのかクローゼットなのかトイレなのかでも住み心地は変わってきます。